競艇で重勝式舟券が発売されない理由

2014年02月12日

競輪で2008年に発売された「チャリロト」を皮切りに、21世紀の日本の公営ギャンブルでも重勝式の投票券の発売が開始された。
2010年には地方競馬、翌2011年には中央競馬とオートレースでも発売が始まり、多くのファンがその高額配当に夢を見た。
しかし、2014年2月現在、公営ギャンブルの1つである競艇だけがこの投票方式を導入していない。
なぜなのだろうか。
今回はその理由を考えてみた。

重勝式とはどんな投票方式なのか

まず重勝式とはどのような投票方式なのかおさらいしておこう。
重勝式とは複数のレースの結果を予想する投票方式のことである。
従来の1つのレースの結果を予想する投票方式よりも的中させるのは難しいが、より高額な払い戻しを受けることが期待できる。
また、買い目を指定できない「ランダム方式」の投票券も発売されているため宝くじ感覚で買うことができ、初心者から往年のファンまで幅広い層の人が楽しむことができる。

では、なぜ競艇で重勝式舟券を発売しないのか

1)高額配当が望めない
高額な払い戻しは重勝式の魅力に欠かすことのできないファクターであるが、競艇は1レースに最大で6艇しか出走しないため思ったよりも高配当が出ない可能性がある。
中央競馬で発売されているWIN5(指定された5レースの1着を予想する5重勝単勝式)を例に考えると、中央競馬の場合1レースに出走できる最大の競走馬は18頭であるため、的中する確率は

1/(18×18×18×18×18)=1/1,889,568

となる。

一方で競艇で同様の舟券を発売した場合の的中確率は

1/(6×6×6×6×6)=1/7,776

となり、その差は歴然だ。
1/7,776というと、競馬の18頭立ての3連単の確率(1/4,896)と大差がない。

2)スタート事故の存在
競艇ではフライングや出遅れによりレースが始まってから欠場艇が出ることがある。
従来の3連単などの投票方式ではこの場合、該当する選手の舟券だけを返還し、残った選手に対する投票だけを対象に通常どおりの払い戻しを行ってきたが、重勝式でも同様の方式を採用した場合、スタート事故の発生率を考えると、返還となる舟券が多くなり低配当のオンパレードになる懸念がある。

3)1日に2回レースに出走する選手がいる
競馬でも競輪でもオートレースでも、競走馬または選手は1日に1回しかレースに出ない。
しかし、競艇では1日に2回レースに出る選手がかなりの数、存在する。
前半レースで怪我をし、後半レースを欠場する場合もあり、他の競技より返還が出る可能性が高い。

4)そもそも競艇ファンが重勝式を求めているのか
根本的な話として競艇の重勝式が必要なのかというところがある。
元来、競艇をするファンは高配当よりもその的中率の高さに魅力を感じている人が多いのではないだろうか。
高配当を当てたければ競馬など他のギャンブルをやればいい。
そう考えるファンが多ければ、重勝式を導入するコストに見合う売り上げは望めないだろう。

以上あくまで個人的な意見です。
こんなことを書いた次の日に競艇の重勝式舟券の発売が発表されたらごめんなさい。
2014年02月12日 17:00 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

競艇のネット投票に100円単位で入金する方法

2013年10月18日

自宅に居ながら舟券を購入することができる競艇のインターネット投票サービス「テレボート」。
ファンにとっては、わざわざわ競艇場やボートピアに行かなくても競艇を楽しむことができる夢のツールだ。
しかし、そんな便利なシステムにもやはり不満なところはある。
その1つは1,000円単位でしか入金指示を出せないことだろう。

競艇の入金指示は1,000円単位

競艇のネット投票では、まず予め登録している銀行口座からテレボートの投票用口座に舟券購入用の資金を入金する必要がある。
入金指示と呼ばれるこの行為を競艇では1,000円単位でしか行うことができない。
一部を除き、ほぼ同様のシステムを採用している競馬や競輪では100円単位で入金指示が出せることを考えると、不便だと感じる人がいるのも無理はない。
たまたま銀行口座の残高が少ないときなどは、数百円分の舟券を購入できないことが死活問題にもなりかねない。

なんとかして100円単位で入金指示を出せないだろうか

結論から言うと現在のシステムでは100円単位で入金指示を出すことは不可能である。

しかし、ちょっとしたテクニックを使えば、例えば「1,300円」など1,000円単位ではない資金をテレボートの投票用口座に入金することができる。

投票用口座に100円単位で入金する方法

先ほど挙げた「1,300円」を銀行口座から投票用口座に入金し舟券を購入したい場合を例に説明していこう。

いつもと同じようにテレボートにログインする。
投票用のトップ画面が現れたら一番上にある「入金」ボタンから入金指示を出し、まず「1,000円」を銀行口座から投票用口座に入金する。

そして「300円」分の舟券を先に購入する。

この時点で投票用口座の残額(現在購入限度額)が「700円」になる。
ここで画面上部の「清算」ボタンから清算指示を出して一旦、残額を清算し、投票用口座の残額を「0円」にする。

銀行口座には元々あった「300円」と今清算した「700円」の合計「1,000円」が入っていることになる。

そして、再び投票用のトップ画面の一番上にある「入金」ボタンから「1,000円」の入金指示を出す。
投票用口座の残額(現在購入限度額)が「1,000円」になる。
最後に残り「1,000円」分の舟券を購入する。

これで合計で「1,300円分」の舟券を購入することができる。

これはFlash版の投票画面を利用している人向けに説明したが、HTML版でもやり方は同じである。

銀行口座の残額が1,000円未満の場合

銀行口座の残額が1,000円未満の場合は投票用口座に入金指示を出すことはできない。
舟券の購入を諦めるか、ATMなどから銀行口座に入金し残額を1,000円以上にするしか方法はない。

以上、競艇のネット投票に100円単位で入金する方法でした。
2013年10月18日 16:11 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市村沙樹が使う「応援するのは義務ですよ」の元ネタ

2013年10月16日

「応援するのは義務ですよ♪」
最近、人気急上昇中の市村沙樹選手が自身のブログで記事の最後によく使用するフレーズだ。

少し変わった言い回しにも感じるこの言葉は、市村選手の完全なオリジナルではない。
実は元ネタがある。

市村選手があるレースの選手紹介にバーチャルアイドル「初音ミク」のコスプレで登場したことを覚えているだろうか。
このフレーズはその初音ミクのオリジナル曲で、2012年に発表された「こちら、幸福安心委員会です。」の歌詞の一部をアレンジしたものである。
この曲から「義務ですよ」のフレーズを引用し、そこに市村選手がオリジナルで「応援するのは」を付け加えている。

「応援するのは義務ですよ♪」

あなたは市村沙樹選手を応援したくなりましたか?
2013年10月16日 15:52 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナカシマペラ廃止で競艇はどう変わるのか

2013年10月11日

2013年10月11日に競艇を実施する一般財団法人日本モーターボート競走会よりプロペラ制度の変更に関する発表があり、ナカシマプロペラ株式会社がボートレース用のプロペラ事業から撤退するため、2013年11月1日以降を初日とする開催から同社製のプロペラを使用できなくなることになった。
この制度変更で競艇がどのように変わるのか考えてみた。

現行のプロペラ制度

まずは持ちペラ制度が廃止された2012年4月以降に運用されている現行のプロペラ制度をおさらいしておこう。

現在は、モーター1基につきヤマト発動機製のプロペラ(通称ヤマトペラ)とナカシマプロペラ株式会社製のプロペラ(通称ナカシマペラ)を各1枚ずつの合計2枚が配備されている。
選手はヤマト製とナカシマ製のプロペラから好きな方を選択し使用することができる。

変更後のプロペラ制度

これがどう変わるのか。

モータ1基につきヤマト発動機製のプロペラ1枚のみが配備される。
新しいプロペラ制度の運用開始は2013年11月1日以後の日を初日とする開催からとなる。

制度変更による影響

このプロペラ制度の変更で競艇にどのような影響があるのか。

結論から言うとほとんど影響はないのではないかと考えられる。

現在、ヤマト製とナカシマ製のプロペラが配備されているが、ほとんどの選手はヤマト製のプロペラを使用してレースに出走している。
ナカシマ製のプロペラを使用する選手は稀であり、少なくともオーナーペラ制度を導入したときほどの変化はないだろう。
2013年10月11日 21:53 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父親がお笑い芸人の競艇選手

2013年10月09日

ボートに乗り水上で激しい戦いを繰り広げる競艇選手。
日々、熱戦を披露する彼、彼女たちは、元教師や元モデルなど多種多様な経歴を持つ。
また、その親族も様々で親子で競艇選手の者もいれば、普通のサラリーマンの家庭に育った選手もいる。
中にはお笑い芸人を父に持つ競艇選手もいる。

その選手は、兵庫支部に所属する110期の冨好祐真選手だ。

彼の父親はお笑い芸人のちゃらんぽらん冨好さん。
2008年に惜しまれつつも解散したお笑いコンビ・ちゃらんぽらんのボケ担当の冨好真さんで、「ちゅ〜と半端やなぁ〜」のギャグで一世を風靡した芸人である。
現在はちゃらんぽらん冨好の芸名でピン芸人として活動している。

冨好祐真選手はそのちゃらんぽらん冨好さんの長男だ。
2011年4月に20歳でやまと学校に入学し2012年3月に卒業。
同年5月に地元の尼崎競艇場でプロデビューし、競艇選手の仲間入りを果たした。

お笑い芸人と競艇選手。
親子で活躍の場は異なるが、"中途半端"なレースをしなければ、冨好祐真選手が父を超えるビッグネームになる日も遠くはないだろう。
2013年10月09日 12:24 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。