各競艇場の最大チルト角度

2013年05月19日

内側のコースが圧倒的に有利な競艇において、あえて外側のコースを選択するアウト屋と呼ばれる選手がいる。
持ちペラ制度が廃止されて以降やや影が薄くなった感はあるが、舟券を買う側からするとまだまだチルトを跳ねて外から一発は怖いものだ。
ところで、チルトを跳ねると言うとどうしてもマックスの3度をイメージしてしまいがちだが、実は競艇場によって使用できる最大のチルト角度が異なる。
次の表で各競艇場で使用できる最大のチルト角度をチルト角度別にまとめてみた。

各競艇場の最大チルト角度(チルト角度別)
最大チルト角度地区競艇場
+0.5関東戸田
+1.0関東桐生
+1.5近畿びわこ 住之江
九州若松 福岡 大村
+2.0関東江戸川
中国徳山
+3.0関東平和島 多摩川
東海浜名湖 蒲郡 常滑 津
近畿三国 尼崎
四国鳴門 丸亀
中国児島 宮島 下関
九州芦屋 唐津


全24競艇場のうちチルト角度を+3.0度に設定できるのは15場だ。
他は江戸川競艇場と徳山競艇場の2場が+2.0度、びわこ競艇場、住之江競艇場、若松競艇場、福岡競艇場、大村競艇場の5場は+1.5度が最大チルト角度となっている。
また、桐生競艇場は+1.0度が限界で、戸田競艇場にいたっては+0.5度までしか跳ねることができない。

なお、使用できる最小のチルト角度は全競艇場が-0.5度に統一されている。
2013年05月19日 12:01 | データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

競艇場で「通」に見える5つの行動

2013年05月13日

競艇場に行き出走表を見て舟券を買いたまに的中したら払い戻す。
他の人と同じような動きをしているのにあの人だけは何か違う。
そんな風に競艇場で他の人の目に留まり「通」に見える5つの行動。

1)競艇場に昼過ぎに行き予想屋から1日分の予想を買う

予想屋の予想は1レース分が100円、1日分が1000円が相場だ。
デー開催の日に昼過ぎに競艇場に来るということは、既に3レース前後が終了しているはずなので残りのレースの予想を1レース分ずつ勝った方が金額的にはお得だ。
しかし、そこをあえて1日分の予想を買う。
さらに、その際に1000円札1枚を渡しながら慣れた雰囲気で「今日はどう?」などと予想屋と軽く会話を交えれば周囲の注目を集めることは間違いない。

2)マークシートをぐりぐり塗らない

舟券を購入するときに使用するマークシートは結構適当に塗っても機械は反応する。
そのため学校などの試験のときのようにぐりぐりに塗りつぶさなくてもスムーズに舟券を購入することができる。
これが当たり前のような感じでマークシートに斜め線1本でマークすれば「通」っぽく見えたりする。
ただし、線が薄すぎたり細すぎたりして機械が反応しなかったときは、後ろに並んでいる人や有人窓口の場合は舟券を売っているおばちゃんに迷惑をかけてしまい、「通」どころか素人以下に見られるので注意が必要だ。

3)選手がゴールする前に払い戻し窓口に並ぶ

これはわりとよく見かける光景だろう。
早い人だと選手が1周1マークを回ってバックに入ったところで払い戻し窓口に向かう。
このときに注意したいのは走らないことだ。
舟券が的中してうれしいのはわかるが、はやる気持ちを押さえて冷静に装うことが大切だ。
そして、払い戻し窓口に向かう直前に「できた。」などとボソッとつぶやいてから歩みを始めれば完璧だ。

4)勝利者インタビューなどで選手が客席に投げ入れたマスコット人形をさりげなく近くの子供に渡す

一ファンでありながら競艇存続のために将来のファンを育てるのも「通」の証だ。

5)「通」ぶらない

本物の「通」は「こういうものが「通」だ」などと、くどくど説明するような通ぶった行動は取らない。
ましてや、わざわざ自分のブログに得意気に「競艇場で「通」に見える5つの行動」というようなタイトルで記事を書くのは論外だ。

以上が競艇場で「通」に見える5つの行動だ。
これを実行すればあなたも今日から競艇通に見える


かもしれない。
2013年05月13日 07:24 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これから競艇を始める人が最低限押さえておくべき15のこと

2013年05月10日

テレビや漫画などで競艇に興味を持ち「ちょっとやってみようかな」と思っても知人や友人に競艇をやっている人がいない。
そんなときに一人で競艇を初めてやる初心者がこれだけは押さえておいた方が良い15のこと。

競艇の基本

1)レースは6人の選手で争う
欠場する選手が出て5人以下になることはあるが、基本は6人で争う。

2)レースは同じところを3周する
天候によって2周になる場合もあるが、基本は1レース3周で行われる。

予想

3)1コースの勝率が高い
競馬など他の競技でも枠の有利不利はあるが、競艇はそれが顕著である。
一般的に内側のコースが有利で外側のコースが不利。
競艇場にもよるが1コースの勝率が40%を超えるところもある。
一方で6コースの勝率は2%を下回るところもある。

4)コースは早い者勝ち
細かいルールはいくつかあるが、基本的にどの選手がどのコースに入っても良い。
したがって勝率が高い1コースに1号艇が入るとは限らない。

5)A1級選手は強い
競艇選手はA1級、A2級、B1級、B2級の4つのいずれかに格付けされている。
A1級が最もランクが高く、次にA2級、B1級が続き、B2級が最もランクが低い。

6)データは出走表を確認
出走表には選手の成績の他、ボート自体の実績など初心者には十分すぎるデータが掲載されている。
知りたいことがあったらまずは出走表を確認する。

舟券の購入

7)1点100円から
最低購入単位は100円。上限はない。

8)単勝と複勝の売り上げは極端に少ない
競艇の場合、単勝と複勝の舟券はあまり売れない。
1レースで1票も買われないこともある。

9)おすすめは2連単
一番売り上げが多く人気があるのは1着から3着までを順番通りに予想する3連単だが、初心者にはハードルが高い。
そこで個人的におすすめの舟券は1着と2着を順番通りに予想する2連単だ。
3連単ほどの高配当は望めないが、その分、的中する確率が高い。

レース

10)フライングや出遅れは賭けたお金が返還される
競艇ではスタートラインに向かって助走してスタートするフライングスタート法が採用されている。
0秒から1秒を超える前にスタートしなければなれない。
これよりタイミングが早ければフライング、遅ければ出遅れとなりレースから除外される。
この場合、その選手に関する舟券はレース終了後に発売額と同額で返還される。

11)最後の直線で追い込まない
競艇のレースは先行逃げ切りが大半である。
レース中に「追い上げる」ことはたまにあるが「追い込む」ことはないので、後半の逆転に過度の期待は禁物だ。

12)最後は祈るのみ
舟券を購入してレースが始まったら自分で出来ることはなにもない。
後はひたすら「当たれ〜」と願うだけだ。

番外編

13)おっさんが話しかけてくることがある
競艇場やボートピアに行くと、初対面であるにもかかわらず10年来の友人であるかのごとく親しげに話しかけてくるおっさんがいる。
適当に相槌を打っていればそのうちどっかに行くので放っておいて大丈夫だ。
ただし、このおっさんが正規の場所以外で舟券を売る「ノミ屋」や予想を見せたり買い目を支持して金を詐取する「コーチ屋」の類だとわかったら、すぐに警備員のところにダッシュで逃げろ!

14)このブログをお気に入りに入れる
深いことは何も考えなくていいです。
このまま実行してください。

最後に

15)競艇を楽しむ
知っておいた方がいいことはいろいろあるが、結局のところ楽しんでなんぼである。
小さなことは気にせず、好きなように競艇をエンジョイしよう!
2013年05月10日 16:13 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

競艇のレース中継を無料で見る方法

2013年05月03日

たまの休日や仕事終わりのアフターファイブに競艇をやりたいと思ったときに手軽に舟券を購入できる「インターネット投票」。
わざわざ競艇場やボートピアに足を運ばなくても競艇を楽しめるため、会員登録しているファンも多い。
また、これから登録しようと思っている人もいるだろう。

今回はそんなこれからネット投票を始めようかと検討している人の疑問を1つ解決しようと思う。

レース中継は無料で見られるのか。

テレビの地上波で競艇の中継が放送されることはSG競走の一部レースを除いて皆無である。
かと言ってそれほど頻繁に競艇をやるわけでもないのに、有料チャンネルに加入するのも・・・。

せっかくインターネット投票の会員になり舟券が簡単に購入できるようになっても、肝心のレースが手軽に見られないのでは面白さが半減どころではない。

しかし、そこはご安心ください。

日本国内全24競艇場のレースは、すべてライブ中継されている。
もちろん誰でも無料で視聴できる。

どうやって無料で競艇のレース中継を見るのか。

1)まずインターネットに接続できる環境を整える。
ネット投票をやろうと考えている人ならば問題ないと思うが、パソコンやタブレットなどでインターネットに接続できる環境が必要だ。

2)レースを見たい競艇場のホームページにアクセスする。
ヤフーやグーグルなどの検索サイトを使って視聴したいレースを開催している競艇場を探し、その競艇場の公式ホームページを開く。

3)「実況中継」、「インターネット中継」、「レース放送」などを探しクリック。
ホームページにアクセスすると、目立つところにレースをライブ中継している表記があるのでそこにマウスカーソルを持って行きクリックする。

これでレース開催中であれば、ライブ中継を無料で見ることができる。

ただしスマホ、携帯ユーザーは注意。

便利なネット中継だが、意外なところに落とし穴がある。
使用している機種によってはパソコンからだけではなくスマートフォンや携帯電話でもレース中継を視聴できるが、この際に大量の通信を行う。
このため、使い放題プランや定額制プランに加入していないとびっくりするような料金が請求されるので注意が必要だ。

以上のことも踏まえれば、競艇中継を無料で楽しめる。

ただし、いろんな意味でご利用は計画的に。
2013年05月03日 00:25 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。