1分ぐらいで振り返る2013年上半期の競艇

2013年07月31日

2013年も早くも半分以上が経過した。
というわけで上半期(1月〜6月)の競艇界を振り返ってみた。

1月
尼崎競艇場で開催された「GI近松賞 開設60周年記念」において、香川の平山智加選手が女子選手として14年ぶりに男女混合GIレースを優勝。

2月
戦線を離脱していた91期の松下一也選手が難病を克服し、2011年8月以来1年6ヶ月ぶりに復帰。

3月
長崎の中村亮太選手が笹川賞(SG)のファン投票で不正行為を行い、2年間の出場停止処分を受けたと報道される。
平和島競艇場で開催された「SG第48回総理大臣杯」で、81期の池田浩二選手が通算8回目のSG優勝。
戸田競艇場で開催された「第8回JCN埼玉杯」で、5期の加藤峻二選手が71歳2ヶ月の史上最年長で優勝。

4月
109期の芦村幸香選手がブログを始める。
宮島競艇場の公式ホームページが何者かにより改ざんされる事件が起こる。

5月
112期の新人選手がデビュー。
112期のやまとチャンプの馬場剛選手がデビュー戦でフライング。
86期の中野次郎選手が同年4月に結婚したことを発表。
福岡競艇場で開催された「SG第40回笹川賞」で、96期の新田雄史選手がSG初優勝。

6月
98期の平山智加選手がブログを閉鎖。
常滑競艇場で開催された「SG第23回グランドチャンピオン決定戦」で、69期の太田和美選手が通算6回目のSG優勝。

以上、いろいろあった2013年上半期の競艇界での出来事を軽くまとめてみた。
たぶん1分ぐらいで読めるはず。
2013年07月31日 16:03 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。