Googleストリートビューで巡る 1度は行っておきたい競艇場

2013年08月04日

北は群馬県の桐生競艇場から南は長崎県の大村競艇場まで、全国津々浦々にある競艇場。
その数は現在「24」を数え、それぞれにそれぞれの魅力がある。
今回はその中でも特にファンとして1度は行っておきたい競艇場をGoogleストリートビューで巡ってみた。

住之江競艇場



大きな地図で見る

ファンなら知らない人はいない競艇のメッカ。
艇界の1年を締めくくる賞金王決定戦(SG)のほんとどがここ住之江で開催されるが、その時期に本場を訪れることができないという人はこれを見て雰囲気だけでも味わおう。

江戸川競艇場



大きな地図で見る

日本国内で唯一、河川でレースが行われている競艇場。
入口の左右に巨大な像がどっしりと構えていることで有名だが、Googleストリートビューでもばっちり確認できる。

大村競艇場



大きな地図で見る

競艇発祥の地「大村競艇場」。
われらが競艇の歴史はここから始まった。
とりあえず拝んでおこう(-人-)

宮島競艇場



大きな地図で見る

スタンドから日本三景の一つである厳島を見ることができる競艇場。
景色の美しさに限ればここ以上のところはそうそうないだろう。

以上、4つの競艇場をピックアップしてみた。
気持ちだけでも行った気になれましたか?

*今回はGoogleストリートビューで建物を確認できる競艇場から選びました。
今後、映像が追加されたら他の競艇場も紹介します。
2013年08月04日 09:31 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。