競艇の勝率の単位は「%」ではない

2013年08月06日

まず下の表をご覧いただきたい。

登録番号選手名勝率2連対率3連対率事故率
3941池田浩二8.3165.7978.950.15


これは2013年後期適用の選手級別審査で勝率1位だった81期の池田浩二選手の審査対象期間の成績だ。
6ヶ月間で勝率8.31、2連対率65.79%、3連対率78.95%の成績は誰が見てもお見事以外の何者でもない。
勝率1位に輝くのも納得できる。
しかし、この成績を見てふと疑問に思った人もいるのではないだろうか。

「勝率1位の選手の勝つ確率が8.31%って低くない?」

確かに1着率が8.31%ということになると、12回に1回ぐらいしか勝っていないことになる。
約1500人いる現役の競艇選手の中でトップになった選手がその程度の成績なわけがないような気もするが・・・。

実はその通りである。

競艇の勝率は1着になった確率のことではない。
また、単位も「%」ではない。

選手はレースに出ると、基本的に1着だと10点、2着だと8点、3着だと6点、4着だと4点、5着だと2点、6着だと1点の得点が与えられる。
この着順に応じて得た得点の平均がその選手の勝率になっている。
単位についてはつけないのが一般的で、勝率の数字をそのまま用いる。

というわけで、例に挙げた池田浩二選手の勝率8.31はやっぱり相当すごい成績なのだ。
2013年08月06日 12:52 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする