徹底分析!「艇界のゆうこりん」

2013年09月10日

競艇の世界でおそらく最もポピュラーなニックネーム。それは・・・

「ゆうこりん」

「艇界のゆうこりん」と呼ばれる選手は複数人いる。
今回はそんな競艇界で活躍する「ゆうこりん」にスポットをあててみた。

1)中西裕子選手

登録番号4282、94期のゆうこりん。
艇界のゆうこりんと言えば一般的に中西選手のことを指す場合が最も多い。
スポーツ選手とは思えぬかわいらしいルックスでまさに「ゆうこりん」そのものだ。
ちなみに、既婚者です。

2)大原由子選手

登録番号4412、99期のゆうこりん。
大阪支部に所属し「艇界のゆうこりん」よりは「なにわのゆうこりん」と呼ばれることの方が多い。
現在、現役の競艇選手の中で最年少のゆうこりんである。

3)細川裕子選手

登録番号4123、88期のゆうこりん。
中西選手や大原選手に対して「細川のゆうこりん」と呼ばれることもある。
しかし、ほとんど浸透していないため使用には注意が必要だ。

4)栢場優子選手

登録番号3693、74期のゆうこりん。
1971年生まれの栢場選手は現在、艇界で最年長のゆうこりんとなる。
まだまだ若い者には負けませんよ〜。

5)中里優子選手

登録番号3579、70期のゆうこりん。
年齢は栢場選手より1つ若いものの登録期では4期先輩にあたるため、現在、現役の競艇選手として最も長く「艇界のゆうこりん」と呼ばれている。
その期間、実に20年以上。
まさにクイーンオブ「艇界のゆうこりん」である。

以上、2013年9月現在、競艇選手として登録している5人の「ゆうこりん」でした。
2013年09月10日 15:49 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする