父親がお笑い芸人の競艇選手

2013年10月09日

ボートに乗り水上で激しい戦いを繰り広げる競艇選手。
日々、熱戦を披露する彼、彼女たちは、元教師や元モデルなど多種多様な経歴を持つ。
また、その親族も様々で親子で競艇選手の者もいれば、普通のサラリーマンの家庭に育った選手もいる。
中にはお笑い芸人を父に持つ競艇選手もいる。

その選手は、兵庫支部に所属する110期の冨好祐真選手だ。

彼の父親はお笑い芸人のちゃらんぽらん冨好さん。
2008年に惜しまれつつも解散したお笑いコンビ・ちゃらんぽらんのボケ担当の冨好真さんで、「ちゅ〜と半端やなぁ〜」のギャグで一世を風靡した芸人である。
現在はちゃらんぽらん冨好の芸名でピン芸人として活動している。

冨好祐真選手はそのちゃらんぽらん冨好さんの長男だ。
2011年4月に20歳でやまと学校に入学し2012年3月に卒業。
同年5月に地元の尼崎競艇場でプロデビューし、競艇選手の仲間入りを果たした。

お笑い芸人と競艇選手。
親子で活躍の場は異なるが、"中途半端"なレースをしなければ、冨好祐真選手が父を超えるビッグネームになる日も遠くはないだろう。
2013年10月09日 12:24 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。